2005年12月11日

『鉄鼠の檻』 京極夏彦

鉄鼠の檻 鉄鼠の檻

三歩進んで二歩下がるならぬ、
二歩進んで三歩下がるような。

坊さんの名前がわかりにくいせいか、
どんな人だっけ?って読み直すうえ、
どんな場面だったけ?と何度も読み直す。

宗教は、上手く伝えようとしてるのはわかるけど、
「言葉にすると逃げていってしまう」
つまり、わかりにくい。
まあ、言葉でわかるなら苦労しないけど。

まさか久遠寺先生が、再登場とは……
作の伊佐間さんが再登場かと、踏んでたけど、この人とは……
木場さんが出ないのに、驚いたけど、
この人が出てたら、グッチャ、グッチャになりそう。

相変わらず、物語に引き込む力はすごいけど、ちょい長かった。
前作のハードカバーで読んだほうがページ数は、多かったのに
今回の方が長く感じた。
まあ、僕の認識力不足ですな。宗教は、わかりずらい。

そして読んでいるこの時期にピンポイントなエピソードも。
人の愛の形は、人の数ほどあるけど、
理解は、できないな〜

それにしても、みんな囚われてるんだよな。色々なものに。
檻から逃れるためには、犠牲が必要なのかも。
それが辛いことであっても。
posted by kakasi at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 「京極夏彦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10542837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。